米菓、高級あられ、高級おかき、高橋製菓、米菓、創作あられ、創作おかき、米菓、無添加、有機、大阪、米菓
高橋製菓株式会社
MENU
会社概要
お客様からのよくある質問
代表のプロフィール
ここにこだわって作っています
あられが出来上がるまで
高橋製菓 袋もの
高橋製菓の創作あられ
こんなシーンで喜んでいただいてます
お客様の声
トップページ

こんなシーンで喜んでいただいてます

生産開始当時、問屋・小売店が競って工場前に並んだ。そんなあられが【ふく焼】です。
 ふぐは「アタる」とよく申しますが、生産開始当初からこの「ふく焼」はヒットし、問屋・小売店の方々が焼きあがるのを待って工場前で並んだほどでした。
おかげで需要に応えるべく工場を増設し生産設備を整え、工場前の行列は姿を消しましたが、今もなお根強い人気商品であることには変わりはありません。
このふく焼を仕入れていただいた小売店のお得意様が前年比120%の売上を達成して感謝された、などという例は枚挙にいとまがないのです。

 人気の秘密は・・・・ふぐのエキスをふりかけており、美容に良いコラーゲンを加味したことも一因です(特許取得済 パテント番号PT312507)。しかし、このふぐの形が人気の最大の理由です。お腹だけをふっくらさせたこの形が人気なのです。実はこれが意外と技術的に難しいのです。生地に入れるスジ(ヒビ割れ)によって一部だけ膨らませたあられが焼き上がります。スジを入れた部分は焼くと引き締まり、スジを入れていない部分は膨らみます。ふぐ焼の場合、ふぐの背中にだけスジを入れているのでこのような姿になります。この原理と、うまくツートーンカラーにしていく技術とを組み合わせで「背中の部分が緑でお腹が白くふっくらしたユーモラスなふぐの姿」を再現しているのです。
17年2月17日および2月24日放送

NHKニュース
「くいだおれの街ふぐを楽しむ」


で当時社長の高橋増雄が取材を受けました
このように当社で一番の自信作であるあられ「ふく焼」は、ふぐの名産地の旅館の部屋でのお茶請けに使っていただいたり、またある旅行会社では、ふぐにゆかりのあるツアーの途中にお客様におみやげとしてバスの中で出されたり、というようなことで使っていただいており、手前ミソながら高い評価をいただいております。

  特に旅館で使っていただいているところは売上アップの貢献度が高い商品として定着しつつあります。と申しますのも、旅行に行った際にほとんどの旅館で部屋に入って最初にすることが、お茶を入れて備え付けのお菓子を食べてみんなでワイワイ雑談をすることです。旅館に入って最初に口に入れるものの印象というのは案外と大きく、最初にお客様に気に入っていただいて、帰りのおみやげに買って帰られる、というパターンが非常に多いのです。

ぜひ一度お試しくださいませ。
〒544-0003 大阪市生野区小路東4-8-10 TEL: 06(6754)0771 / FAX: 06(6754)0703
©, Takahashi-Seika Co.,Ltd. All Rights Reserved.