米菓、高級あられ、高級おかき、高橋製菓、米菓、創作あられ、創作おかき、米菓、無添加、有機、大阪、米菓
高橋製菓株式会社
MENU
会社概要
お客様からのよくある質問
代表のプロフィール
ここにこだわって作っています
あられが出来上がるまで
高橋製菓 袋もの
高橋製菓の創作あられ
こんなシーンで喜んでいただいてます
お客様の声
トップページ

売れすじランキング



ふく焼
製造責任者より
「背中の部分が緑で、お腹が白くふっくらしたユーモラスなふぐの姿」がキャッチコピーです。
1個のあられの一部分、お腹だけふっくらさせるのには高度な技術が必要とされます。生地に入れるスジ(ヒビ割れ)によって、一部だけ膨らませたあられが焼き上がります。スジを入れた部分は焼くと引き締まり、スジを入れていない部分は膨らみます。ふく焼の場合、ふぐの背中にだけスジを入れているのでこのような姿になります。この原理とツートーンカラーの技術とを組み合わせで、「背中の部分が緑で、お腹が白くふっくらしたユーモラスなふぐの姿」を表現しているのです。最終の味付けには白醤油・ふぐのエキスを使用しています。NHKニュース「くいだおれの街ふぐを楽しむ」で紹介されてから評判になり、ふぐ料理店のおみやげなどにも好評です。



栗あられ
製造責任者より
栗拾いツアーのお土産・栗の産地の売店での販売など、秋の季節には引っ張りだこの商品。年中販売していますが、秋季の売上は通常の400%強。
栗の底の部分だけを褐色に染めた愛らしい姿でご好評頂いております



木の子あられ
製造責任者より
ツートーンカラーのあられは弊社の創作あられの特徴です。
傘だけ色付けするのは微調整するのにかなり手間の掛かる作業を要します。熟練した職人技になってくるのですが、継続してやっていくうちに微調整もできるようになります。色の境界をあと3mm下に下げようとか、見た目が美しくなるように気を使う商品です。



風流木の葉
製造責任者より
葉脈の入った木の葉の形をしたあられです。モチ生地を抜き型に通せば木の葉の形に切り抜かれます。しかし、葉脈がしっかりと入ってなければ商品にはなりません。
この葉脈は厚さ2〜3mmのモチ生地の裏表に凹型の溝を入れて作るのですが、葉脈を強く入れすぎると割れる、弱いと入らない。本当にコンマ何ミリの調整です。
何度か100kg単位のモチ生地を全部ダメにしました。モチの状態によって変わるので、マニュアル通りにはいきませんから。かなり気を使う商品です。



万年亀
製造責任者より
背中は亀甲、お腹は格子、亀そっくりのユーモラスな醤油味のあられ。
ひとつぶ万年の味わいです。表は亀甲・裏が亀のおなかの模様。
裏表が別模様の珍しさで賞賛され、菓子ギフトの部材として広く取り入れられております。また、長寿の印【亀】の意味を込めて敬老会の贈り物などにも使用される商品です。ふく焼き同様、パテント商品です。



花水木
製造責任者より
しその香りも爽やかな花弁のかたちのあられです。
ふっくらした4つの花弁の中央には小さな穴が開いています。
海老・胡麻・青海苔を生地に練り込み、白醤油であっさりと味付けしました。

 




千成
製造責任者より
ひょうたん型のあられを白醤油で味付け、細切り海苔をつけました。お好みあられの部材に広く利用していただいております。

 

 




製造責任者より
見ての通り鮎の形をしたあられです。表面に細切り海苔をつけ、アクセントにしました。通年製造しておりますが、初夏にかけて注文の多い商品です。

 

 

〒544-0003 大阪市生野区小路東4-8-10 TEL: 06(6754)0771 / FAX: 06(6754)0703
©, Takahashi-Seika Co.,Ltd. All Rights Reserved.